REPORT/ 開催報告

C-2

アサヒグループへの基幹システム導入!「5億円の削減効果」を実現した フィッティングアプローチとは?

株式会社インテック

SI事業本部 MCFソリューション部
シニアコンサルタント
中村 浩司 氏

本セッションでは株式会社インテックの中村氏がアサヒグループ様へのMCFrame導入プロジェクトの事例を通し、基幹業務パッケージの標準導入に必要な考え方を提示した。
グループ会社の基幹系システム統合・集約によるITコスト削減という同プロジェクトの目的の為に、基幹システム再構築=業務改革という考えの元で人的生産性の向上を図った事、又、パッケージ標準導入を推進する為に同社のFittingアプローチを採用した事を説明した。このアプローチは一般的なFit&Gapと異なりシステム標準機能に合わせて業務を再構築する為、業務自体の無駄を省ける事、又ユーザが要件定義の段階から実機に触れる事でシステムを早期習得できるメリットがある事等を説明した。
最後に中村氏は事例の成功要因として、MCFrame標準機能とインテック社のテンプレートの併用により業務優位性を実現できた事、Fittingアプローチにより標準導入と業務改革を両立できた事、そしてお客様がこうした改革を取り入れる意識を持っていた事を挙げた。
CONTACT
MCFrame Day 2015 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 MCFrame Day 2015 事務局

10:00~18:00 (土日祝日を除く)
:03-3510-1590  :03-3510-1627
mcframeday@to-be.co.jp


Copyright© 2015 Toyo Business Engineering Corporation. All rights reserved.