HOME > 開催報告 > 開催レポート

開催レポート

開催レポート一覧へ戻る

E-L

製造業の視点から見た、事業継続のためのICT活用~震災 その時、富士通の工場は?~

富士通株式会社
プラットフォーム技術本部 クラウドインフラセンター
シニアマネージャー
佐藤 卓也 氏

本セッションでは、富士通株式会社の佐藤卓也氏が、災害発生時に事業を継続するために必要な備えや対応について、3.11 の震災対応の経験を交えて紹介した。実際に被災した工場において必要な人員を確保できないことや、交通機関や通信手段が制限される等、想定外の状況が発生した場合も含め、どのような対応を行ったかを事例を交えて解説し、BCP(事業継続計画)の重要性と効果について説明した。事業継続対策として、自然災害リスクを想定し、災害発生時に事業をスムーズに継続するためにはヒト・モノのコミュニケーション手段の確立や、ファシリティ・ICTの対策を十分に行っておくことが重要であることを説いた。

PAGE TOP